20111114

Transition Bikes 2012モデル

長い間、お待たせしておりましたTransition Bikes 2012モデルが発表となりましたので、ご報告致します。

詳細は弊社ウェブサイトをご覧頂くとしてこちらは各モデルの簡単なご案内を。
上記リンクの方では実際に組上げた画像やジオメトリをご覧頂けます。
噂通り29インチのバイクもスタートしています。合計12モデル。
画像だけでも凄い量ですが、本当に簡単にご案内を。

TR450
主な変更点はリアアクスル取付部がTR250と同様にチェーンステー長を調整出来るようになりました。来年の国内のTransition RacingはLemon Limeでいきます。このバイクに乗るとスペイン帰りののような速度を得られる(?)かもしれません。
カラーはMatte Black / Raw / Lemon Lime













TR250
カラー以外に大きな変更はありません。リアユニットは他モデルと同様にカシマコートに変更になっています。カラーはRaw / Purple / Green












BLINDSEIDE
2012モデルの目玉とも言える大きな変更が入りました。
他の従来の135×10mmアクスルのフルサスバイクは全てのモデルで142×12mmへ変更になっています。
他のモデル同様ドロップアウトの変更で135mm×10mmへ変更が可能ですが、フレームデリバリー時には間に合わない模様です。
カラーはGreen / Raw / Matte Black













BOTTLEROCKET
2011モデルでは完成車のみの販売となったこのモデルも142mmエンドとなりフレーム販売になります。カラーはRaw / Lemon Yellow / Red












COVERT
こちらも142mmエンドになります。ハマーシュミットや可変シートポストに対応したアウター受け等、All Mountain バイクのトレンドを抑えた作り込みです。
カラーはMatte Black / White / Blue












BANDIT
2011モデルがまだバタバタして入荷できないでいるのに2012モデルが発表されました。
他のモデルと同様に142mmエンドになっています。ただしこのモデルのみ入荷時期はまだ未定です。カラーはPewter / Green / Black













BANDIT 29 (バンディット ツーナインと読みます)
とうとう12モデルから29インチがスタートします。
もちろん142mmエンドにカシマユニット。注意すべき点はサイズがM Sizeからで適正身長が167cmからとなっておりますのでご注意下さい。
カラーは26インチと同じGreen / Black / Pewter













DOUBLE
Slope Style / 4X / Dirtと多くのジャンルで活躍したこのバイクも142mmエンドになります。この事でどのような変化が起きているのか最も楽しみなバイクでもあります。
カラーはOrange / Black / Raw












TRANSAM
日本でとても人気のあるこのモデルも大きな変更をしています。
他のモデルと同様142mmエンドである事、そして最も新しいトレンドになりつつある44mmヘッドチューブを採用しました。
この規格を採用する事でテーパードフォークを装着する事が可能となりました。
このヘッド規格の採用が決定した時点でTANGE SEIKIにヘッドセットの生産を依頼しフレームに付属して販売致します。
その大きな理由としてこのヘッドチューブはテーパードフォークの採用を前提としてエクスターナル方式のヘッドセットを使用する様にフレームが設計されています。
仮に既存のインターナル方式のヘッドセットを使用してオーバーサイズのフォークを使用した場合に実際に設計したヘッドアングルよりも立ってしまう傾向があります。
それを避ける為に下側のみエクスターナル方式のヘッドセットを用いながらテーパードにもオーバーサイズにも両方に使える用に下玉押しを2サイズ付属致します。
もちろんこのヘッドセット単品での販売も予定しております。価格や日程等は現在調整しておりますので後日ご案内致します。
カラーはTrans Red(中が透けて見えます)/ Pewter / Cyan Blue













TRANSAM 29(トランザム ツーナイン)
名前の通りTRANSAMの29インチモデルです。
こちらも142mmエンドに44mmヘッドチューブを採用。もちろんヘッドセットを付属して販売します。
当初サイズがMからと聞いていたのですが本国サイトを見るとS Sizeからとありますが(それでも適正身長170cmからとなっています)、そんなものを聞いておりませんでしたのでS Sizeの発注を入れておりませんでした。何らかの誤りの可能性もございますのでこちらは確認中です。













BANK
こちらはヘッドチューブのテーパードの方式が変わった以外に大きな変化は内容です。
Lemon Limeについてはカラーもそのままです。
当初エンド幅を変更する計画もあったようですが、見送られ今迄通りのCRAPになります。
アルミHTフレームの142mm幅は固くなりすぎる傾向があるので個人的には安心しました。
この画像はエンド部をカットしていますが、こちらから別の写真を見て頂けると試作の142mmエンドの画像をご覧頂けます。
カラーはTrans Red / Lemon Lime Black













TRAIL OR PARK
こちらのモデルもカラー、グラフィック変更のみとなります。
BBハイトが思いのほか低く、しっかりした鋼材で作られたこのフレームはの様に安心して大きな技に挑戦出来るでしょう。
今年からヘッドセットも付属しての販売になります。
カラーはPewter / Surgical Scrub Green / Black

先ずは取り急ぎここまで。
入荷時期やその時に併せて入ってくるアイテム、販売方法等はもう一度アップします。
今回の目玉である142mmエンドは間違いなく機材としての進化はしていると思いますが、みなさんまだハブをお持ちでないかと思われますのでその辺をサポートできるお話になるかと思います。
少しお時間を下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿